サーフィンの時車の鍵はどうする?防犯対策をして海に出かけよう!

サーフィン

サーフィンをしにポイントに向かう時は車を使われる方が多いのではないでしょうか。

そこでネックになるのが、車の鍵です。

以前は、多くのサーファーがウェットスーツのキーポケットに入れて

サーフィンを楽しんでいました。

最近では鍵も多様化していて、水で濡れると壊れてしまったりと

海へ持っていくことが難しい鍵も多くなりました。

サーファーは鍵をどう管理しているのでしょうか?

ウエーブキー

鍵の表面に波型の溝が彫られている鍵のことです。 一昔前はこれが主流でした。

こちらは濡れても問題ない為、ウエットスーツに付属しているキーポケットやリンシュコードに入れて海に入れます。

また、ネックレス型の収納もおすすめです。

リモコンキー・スマートキー

最近ではこちらが主流でしょうか。

リモコンキーは、ウェーブキーとドアの開閉機能が付いたリモコンを備え合わせた鍵になります。

スマートキーはリモコンキーの進化で、電波を相互に発することで開閉を行うキーとなります。

大変便利な鍵ですが、どちらも水に濡れると壊れてしまいます。

キーボックス(セキュリティーボックス)を使用しよう。

【カギ部屋サイズ】タテ:約90mm・ヨコ:約65mm・深さ:約28mm

大きなつくりになっているので大体の鍵は収納可能です。

取り付け方

ドアや車の牽引するフック等につけて管理することが出来ます。

サーフショップやロッカー

サーフショップや貸しロッカー等に預けるのも選択肢がありますが、

この場合は設備が整っていることとが前提になります。

ショップが開いている時間を気にしたり、サーフィンする場所も限定されてしまいます。

毎回お金が掛かってしまう為コスパも良くありません。

まとめ

残念なことにサーフィン時の車両盗難トラブルは未だに多いようです。

折角のサーフィンが台無しにならないよう鍵は自己責任でしっかり管理しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました