サーフボードワックスメリットデメリット、クリアデッキメリットデメリット?

サーフィン

サーフィンの必需品と言えばワックスです。

いざ海に着いてワックスを塗る時、持ってくるのを忘れたなんて

経験をがある方は多いのではないでしょうか?

最近ではシールタイプのクリアデッキを使用しているサーファーも多いようです。

どちらがベストな選択なのでしょうか?

ワックス使用メリット

グリップ力

ワックスが長年愛用されている1番のメリットは何と言ってもグリップ力です。

クリアデッキでグリップ力が強いメーカーも出てきていますが、ワックスの方が

ライディング中やパドリング時等しっくりくるサーファーは多いのではないでしょうか。

コスパ

水温や季節によって使い分けるワックスですが、

1個数百円ととても安価です。

ワックス使用デメリット

摩擦・汚れ

気温が高くなるとワックスが溶けやすくなる為、硬めのワックスを使用します。

夏など上半身裸でサーフィンをすると胸が擦れてとても痛いです。

また、ウェットスーツ着用時はワックスが付着します。

ボードと接触する箇所がワックスで白くなる為、手入れが必要になります。

コスパ

1個数百円のワックスですが、

ロングボード等は全体にワックスを塗ることが多く面積も広くなる為、

意外とコストがかかります。

手間

経験者は分かると思いますが、ワックスを塗って数ヵ月経つとワックスが

黒ずんで汚くなります。グリップ力も落ちてきますので、

全てワックスを剥がしもう一度塗りなおすことになります。

季節・水温によってもワックスの種類が変わる為、その都度塗りなおしが必要な為、

とても手間がかかる作業になります。

溶ける

車移動が主体なサーファーは多いと思いますが

夏など車に置いておくとワックスが溶けてしまします。

ボードケース等に溶けたワックスが付いて悲惨な結果になることもあります。

⇩比較的溶け辛いワックスもありますが少しお高めです。⇩

クリアデッキメリット

手間

サーフィンをする度にワックスを塗る手間が省けます。

季節や水温が変わる度に一度ワックスを全て剥がして塗りなおす等の手間も

解消出来ます。

溶けない

ワックスを使用していると夏の暑い日等、ワックスが溶けて大惨事になる

トラブル等も多いと思いますが、それらも回避出来ます。

ウェットスーツ・ボード汚れ

ウェットスーツに密着してもワックスのように汚れが付着することがなく

ウェットスーツに汚れがつきません。

また、ワックスのように長く使用していても黒ずむことがなく

ボードも綺麗な状態で使用できます。

寿命

使用頻度にもよりますが

1度貼ると2~3年張り替えなくても大丈夫です。筆者が使用している感覚だともう少し

長持ちしそうです。

剥がす時も綺麗に剥がれ後が残らない為、ボードも汚れずとても重宝しています。

クリアデッキデメリット

コスパ

1度貼ると長持ちするクリアデッキですが、コストがかなり高いです。

数百円で買えるワックスと違い、数千円~数万円かかります。

手間がは省ける分それなりのコストがかかります。

グリップ力が落ちる?

こちらは賛否あると思いますが、ワックスに比べグリップ力が落ちると言われています。

メーカーによってはかなり高性能の商品も多く出てきているようです。

⇩クリスタルグリップのグリップ力は評価も高いようです⇩

まとめ

如何でしょうか?それぞれにメリット、デメリットがあります。

海に入る前にワックスをゴリゴリと塗ることや独特な匂いが好きな人もいると

思います。

複数枚ボードを所有している方等も多くいらっしゃると思います。

自分の好みにあったサーフライフを選択し、サーフィンを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました