オシキャット性格と魅力

猫と日常

‟りんむぎるーむ”のブログもデビューし4か月が経過しました。
先日、他のブローガーさん(猫魔王さん)にオシキャットの魅力として当ブログがとりあげられました。

【猫ブログ】オシキャットの性格が判るおすすめ猫ブログ
ワイルドで野性的な見た目のオシキャットの特徴、性格、値段をわかりやすく解説するブログです。オシキャットの子猫の価格相場や実際に飼っている芸能人・有名人、ブログや動画、口コミも紹介しています。


松田翔太さんもオシキャットを飼っていると書いてあり、びっくりしました。

改めてオシキャットの魅力をまとめてみました。

オシキャット(Ocicat)

原産国米国
被毛短毛
サイズ区分中型 3.5kg~7kg
平均寿命15–18 歳
価格15万円〜18万円
由来

オシキャットの名前は、オセロットと言う山猫に似ていたことが由来しています。
アビシニアンとシャムの両親から生まれた猫種で1代目はアビシニアン似の猫が
2代目で斑点模様の子猫が生まれました。
見た目はとても野生的ですが山猫とは交配していません。

特徴

クサビ型の頭に、大きな耳とアーモンド形の大きな目、短毛で被毛のスポット模様。

まっすぐで長いしっぽ。特にオスは骨格と筋肉がしっかりついた大きな体が特徴になります。

見た目は山猫のようなワイルドな雰囲気。

性格

野性的な外見とは裏腹に、とても社交的で甘えん坊です。
人見知りが少なく、他のペットとや子どもとも仲良くできます。
猫のツンデレのツンをとったような性格で、家に訪問する初めての人でも愛想良く振舞います。

とても寂しがり屋で長期間放置されることを嫌います。

飼い主の行く場所に常について回ったり、かと思えばおもちゃの前で待機してたりと

それはそれは忙しいです。トイレや風呂場にも着いてきたり💦飼い主といることを好みます。

猫の皮を被った犬と呼ばれる由縁です。

手入れ

毎日ブラッシングやマッサージをすることで綺麗なスポット模様が維持されます。

歯肉炎になりやすい為、日頃から歯磨きを心がけましょう。
我が家のにゃんこは大人になってから歯磨きを始めた為、極端に歯の手入れを嫌がります。
子猫のうちから始めておくことをお薦めします。

他の猫種と一緒でお風呂は嫌いです。これも小さいころから慣らしてると少し違うと思います…。

寿命

オシキャットは、純血種としては遺伝性疾患が少ないと言われています。

そのため、一般的なの平均寿命14歳と比べると長命な傾向にあるようです。

うちのブリーダーさんの家のオシは20歳以上の長生きにゃんこもいるようです。

日頃の健康な食事や適度な運動を心がけることが必要です。

なるべく長く一緒にいられるようにしたいですね。

まとめ

改めてオシキャットの記事を書くことでオシキャットがより一層好きになりました。

猫魔王さんの記事もとても分かりやすくオシの魅力満載な記事になっています。

是非訪問してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました